2006年08月29日

炒飯的亀田まとめ

はい、どうも炒飯です〜。

まだこんな放置しまくり最低ブログに訪れてる方がいるなんて><

すみませんです。

許してちょんまげ_ト ̄|○


で、久しぶりに更新で何ですけど、私的な亀田まとめしますわ。

感受性の高い私もそろそろ黙ってられないというわけです。

あの、ランダエタ戦以降ものすごい亀田批判が広まっていきましたね。

私もあの一戦の前までは、なんかオモロイ奴がでてきていいなぁ

なんて思ってたわけです。

それでもTVとかで見かけたりしたときくらいしか耳を傾けませんでしたが。

これからえらそうなこと書く気満々なんですが、注意として、

特に私はボクシングに詳しいわけでもなく、超ド素人という点。

(プロレスは詳しいですが・・・)

まずは、問題となったあの一戦からいきましょう。

@疑惑の判定

私もこれは負けたなと思いましたよ。

まずは1R目のまさかのダウン。

しかしそっからは手数はランダエタ選手よりも劣ってましたけど、

良いパンチをけっこう入れてRを取り返してたような印象。

でも、やはり全体を通してランダエタ選手の巧みな攻撃に

明らかに亀田(選手扱いはしない)は動きを止められていました。

で、全R終わってみて会場一体、そして解説者、おそらくお茶の間の

皆様も亀田の負けと思ったはず。

が、2−1のまさかの判定勝利。

そして亀田一家は歓喜。

それみていて、なんだかなぁって思ってたわけですが。

正直亀田興殻自身もびっくりしただろう。

そんなわけで、マスメディアの亀田叩き、インターネット上に溢れ出る批判の嵐の幕開け


そしてボクシング判定について

1有効打
2攻撃性
3防御
4リングゼネラレルシップ(要するに上手な試合運び)

で、1が一番重きを置いて採点。そして順に2〜4です。

1だけで判断つかなければ2と・・・そんな感じだそうです。

1に関してはダメージの度合いです。

正直いって、素人がこんなの完璧に見極められるわけもないですね。

重い一発と軽い3発どちらが大きいダメージなのかわかりませんよ。

それをプロのジャッジマンがみるわけです。

どっちが勝ったのかなぁっていう素人視点と

その採点基準が噛み合ってないと私は思うわけです。

しかし、私の意見としては、プロのボクシングなわけですから、

お金を客から取ってるわけです。

プロなのだから、客を楽しませないといけない。

つまらないものを見に時間を割きにきてるわけじゃない。

TV放映をみるにしても、その時間を割いてみているわけですよ。

そして結果が納得いくものでないといけないでしょう。

一部のマニアや、プロの方が、大勢の素人にわからないようなところで

判断を下されてもどうしようもないわけです。

そんなマニアやプロでしか判定のわからないマイナースポーツなら、こっそりやってて

下さいよと。

亀田興殻に関していうなら、プロ精神があるのなら観客を楽しませろと。

あれだけ愚直に関心を集めさせ、

大勢の客を集めたのだから、納得のいくものにしろと。

それが勝ち負けだけでなくです。

その辺が亀田興殻の気に入らない一点でもありますね。

10月に再戦するそうですけど、TBSに一言物申せば、

いつ始まるかもわからないような放送するなと。

それだけです。



ATBS、亀田一家、ヤクザ

幕を開けた、八百長疑惑。

そして白か黒かグレイか、TBSと亀田一家とヤクザの買収問題。

ものすごい勢いでインターネット上に情報が流れる。

正直これに関しては、あまり関心はいかなかった。

というのも真か嘘かは完璧に見破れないし、推測の域はでられない。

この手の話しは表沙汰にはなることは少ないし、ネット上の掲示板で

ギャーギャーやってればいいと思う。

むしろ出てきてはまずい話だし、期待はしないでおきたい。

Aはとりあえずそういう情報がたくさん出てるけど、「へぇ〜」

くらいで流すようにする。鵜呑みにしてはいけない。

ただ、こういう話題が出てしまう時点で亀田一家やTBSの印象自体は

よくない。私もそこは素直に思う。


B試合後の亀田一家

様々なTVに出演したみたいです。

そして、朝のニュース番組である、「とくだね」だったろうか。

亀田興殻が緊急生出演。

こういう番組に出てきたのをみたのは私は初めてだ。

だが、もしこの男亀田興殻がスポーツマンならば、格闘家ならば、

それで金を稼いでいるならば、あのような無礼な態度はない。

司会者、アナウンサーに対する言葉の使い方が、パフォーマンスで使用する口調と

同じではないか。

これには私も朝から気分を悪くした。

なんでたかだか19歳の未成年があのようなでかい態度なのだろうか。

バラエティ番組なら全然問題ないが、あの手の情報番組ならばしっかり

敬語を使うべきだろう。

敬語というのは、年上、目上の方に対して、同じ土俵でしゃべることを

許される大切な言葉だ。

敬語どころか挑発的な態度そのまま。

これには人間性を疑う。

そして、多くの人がその番組をみている。

TVがないところでは礼儀正しいとか情報があるみたいだが、

そういう使い分けをそういうところではして、

あのような場ではしない。

完全に馬鹿かと思う。

パフォーマンスとして魅せるプロレスラーでもあんな態度はない。

あんなのを許してしまうから、下の世代のなかで先輩後輩などの

壁をなくしてしまうんだ。

自分のためなら何でもしてもいい、そんな風潮は嫌なものですね。


スーパーモーニングでの亀田父VSやくみつる、ガッツ石松の口喧嘩バトルが

あったのを知っているだろうか。

まぁ内容自体馬鹿馬鹿しいものでしたが、やくみつるの意見も

わかるような気がしました。

ものすごい挑発バトルでしたけど、まぁ、子も子なら父も父。

馬鹿です。

あんなやくみつるの挑発に乗って、切れている父。

一言、興殻が次の防衛戦できっちり勝ちますよ。

など言えば済むものを、また世間に批判されるような態度をとるなんて。

その前に父親がそういう場にでて擁護しようなどというのが筋違いだろう。

未成年であっても、プロだろう。

親が出てきてとやかく言い出すなんて見たことない。

この時点で私は亀田一家が嫌になりました。

ま、相手にされる、いじられるのが華なんていいますけど、

これはやりすぎだと思う。






と、長々書きましたけどこんな感じでまとめました。

すっきりしたぁ〜(* ´Д`*)

オワリ



posted by 炒飯らーめん at 09:15| ☀| Comment(3) | TrackBack(1) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
もう2つも前の記事は見ないかもしれませんが一応・・・

問題なのが亀田は今まで全部弱い相手としかやってないってことですね。
他のボクサーが世界までたどり着こうと思ったらそらもう大変です・・・
じゃあ何で実力ない亀田が世界挑戦できて、しかも勝ってるんだ?
と思うかもしれませんが、この前の判定を見れば大方の予想がつくと思います。
他の選手まで説明すると大変なんで
タイトルをかけて戦ったランダエタだけについて・・・

2004年1月31日に新井田豊が引退し空位となったWBA世界ミニマム級の暫定王座をかけて元WBA世界ミニマム級王者チャナ・ポー・パオインと対戦し、これを12ラウンド判定で破り同王座獲得。

2004年10月30日に現役復帰した新井田豊とWBA世界ミニマム級王座統一戦を行い、1-2の判定で惜しくも敗れる。

2005年12月17日のアルベルト・ラモス戦の判定勝利を最後に引退を表明。

まあこんなとこです。どういうことかわかってもらえたかと思います。

2006年5月突然の引退撤回と、ライトフライ級への転向表明。全く試合をしていないにも関わらず、ライトフライ級1位にランキングされ、同時に同級2位にランキングされた亀田興毅とWBA世界戦が発表される。
Posted by Qちゃん at 2006年10月15日 17:13
何か失敗しちゃってた・・。
わかりやすく言うと、亀田が王者になるために呼ばれた弱い相手ってことです。
それより亀田が弱かったってこと。
その実力のない亀田が散々自分より強い選手を侮辱しては対戦から逃げるという行為を今までずっと繰り返してきたわけだから批判されて当たり前です。
騙されて応援してる人たちが一番被害者ですかね。
Posted by Qちゃん at 2006年10月15日 17:17
どうもはじめまして。
亀田についてはもう呆れるばかりですね。

ただ亀田の真の実力というのは素人すぎる私からでは判断しかねます。
格下相手とやっていたというのも、ランダエタについてのことも言われればわかるんですが。
メディアが今の今まであのように亀田を持ち上げたわけですし、
ボクシング界が沸いたという点では良くも悪くも評価できると思います。

楽しませるという点では一役買ったかもしれませんが、それよりも亀田興殻というプロとしても、人間性をも疑うのです。
今回のランダエタ選手との再戦も、ヘッドギアしながらも8針を縫う怪我。
精神的ショックが大きいとかプロらしからぬ理由で会見にも現れない。
かと思いきや、怪我がすんなり治りました。
ランダエタぶっとばしたるで。
メガネベストドレッサー受賞において、ほんまに嬉しい。
定かじゃない小児のがん患者との約束したとかなんとかを公言。

これらやりたい放題に呆れてこれ以上何もいえないです。
ランダエタ戦まで黙ってればいいものを。。。

子も子なら親もしかりです。

とりあえず生暖かい目でこれから見ていくのが一番かと思います。




Posted by Arina at 2006年10月18日 04:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

スーパーモーニング
Excerpt: 8月7日に亀田父が生出演。 やくみつると大げんか、の報道・・・。
Weblog: 流行通信★ハヤリものはコレだ!情報市場
Tracked: 2006-09-08 11:20
ムチムチソサ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。